FC2ブログ
氷鴨が止まらないBLOG
アニメ、本、映画の感想や、地元中日ドラゴンズの話など。

暇人なのでSia(シーア)の『Alive(アライヴ)』を訳してみた


雷雨の中で私は生まれ
一夜にして大きくなった

独りで演じ
自分だけで演じ
私は生き抜いた

ねえ、私は自分が持ってなかったものすべてが欲しかった
光と共にやって来る愛のようなものが

私は羨望の的で、そのことが嫌で仕方なかった
でも、私は生き抜いた

私はすべての悪魔たちが行く場所への片道切符を持っていた

風がやまず
大地に何一つ生えぬ場所への

希望はなく、偽りがあるだけ
そして人々は枕に向かって泣き叫ぶよう教わる
でも私は生き抜いた

私はまだ息をしている、私はまだ息をしている

私はまだ息をしている、私はまだ息をしている

私は生きてる
私は生きてる
私は生きてる
私は生きてる

私は心の奥の方にある
もっとも謎めいた場所に慰めを見出した

私は見知らぬ人の顔と共に私の人生が語られるのを見た
でもそれは私の顔だった

私はすべての悪魔たちが行く場所への片道切符を持っていた

風がやまず
大地に何一つ生えぬ場所への

希望はなく、偽りがあるだけ
そして人々は枕に向かって泣き叫ぶよう教わる
でも私は生き抜いた

私はまだ息をしている、私はまだ息をしている

私はまだ息をしている、私はまだ息をしている

私は生きてる
私は生きてる
私は生きてる
私は生きてる

あなたたちはすべてを奪った、でも私はまだ息をしている
あなたたちはすべてを奪った、でも私はまだ息をしている
あなたたちはすべてを奪った、でも私はまだ息をしている
あなたたちはすべてを奪った、でも私はまだ息をしている
あなたたちはすべてを奪った、でも私はまだ息をしている
あなたたちはすべてを奪った、でも私はまだ息をしている
あなたたちはすべてを奪った、でも私はまだ息をしている
あなたたちはすべてを奪った、でも私はまだ息をしている

私はいつかあなたたちが犯すかもしれない
ありとあらゆる過ちを犯した

私はあなたたちが与えてくれたものを
受け取って受け取って受け取った
でもあなたたちは私が苦しんでいたことにけっして気づかなかった
私は自分が求めるものが何かわかっていた
だから私は出かけて行ってそれを手に入れた
あなたたちがどうせ私はやらないだろうと言ったすべてのことをやった
私はあなたたちに言った、私はけっして忘れ去られないだろうって
あなたたちがどう思おうとも

そして私はまだ息をしている、私はまだ息をしている

私はまだ息をしている、私はまだ息をしている

私は生きてる(あなたたちはすべてを奪った、でも私はまだ息をしている)

私は生きてる(あなたたちはすべてを奪った、でも私はまだ息をしている)

私は生きてる(あなたたちはすべてを奪った、でも私はまだ息をしている)
(あなたたちはすべてを奪った、でも私はまだ息をしている)

私は生きてる
私は生きてる
私は生きてる
私は生きてる


<訳者あとがき>
[暇人なのでSia(シーア)の『Alive(アライヴ)』を訳してみた]の続きを読む
スポンサーサイト
私の選ぶ2018年映画ベスト10
毎年恒例「私の選ぶ年間映画ベスト10」の時間がやってまいりました。

2018年に私が映画館やレンタルやテレビなどで見たの映画の中から、
良かった作品で、
なおかつ比較的新し目の作品を選出しました。

1年間で見た映画の総数は、なんと133本

この年間映画ベスト10の記事を書き始めてからの最高本数は、
2016年の120本だったので、
大幅に記録更新です。

さて、2017年のベスト10は、
ベスト10と言いながら20位から始めてしまったので、
今年は反省して10本に絞ろうと思っていたのですが、
結局絞り切れずに15位から始めます(笑)。

だって、仕方ないよね、
133本も見たんだし!




第15位「悪女/AKUJO」



女殺し屋が主人公の韓国のアクション映画。

正直ストーリー中盤はややたるいんですが、
冒頭とラストのアクションシーンでは、
「えっ、今のどうやって撮影したの!?
ドローン、ドローンで撮ってるのか!?」

という、見たこともない斬新な映像満載。

アクション映画新時代を感じさせる革命的作品。


第14位「マザー!」



『ハンガー・ゲーム』のジェニファー・ローレンスが主演のサイコスリラー。

なんというか、よくもまあこんな映画撮ろうと思ったなとか、
よくもまあ企画が通ったなとか、
よくもまあちゃんと最後まで完成させたなとか思わずにはいられない、
とんでもない映画です。


第13位「バイバイマン」



その名前を知った者、口にした者に死をもたらすという「バイバイマン」。
ひょんなことからその名を知ってしまった主人公たちは、
必死にその呪いから逃れようとするが……。

タイトルのしょーもなさとは裏腹に、
しっかり作られたホラー映画で面白かったです。


第12位「スターシップ9」



未知の星を目指し、一人宇宙船で恒星間飛行を続けるエレナ。
だがある日、船が故障し、近隣のスペースシップに救援信号を送ることに……。

スペインのSF映画。
予想外の展開に度肝を抜かれること請け合いです。


第11位「(r)adius/ラディウス」



交通事故現場で意識を取り戻したリアムは、事故のせいか記憶を失っていた。
助けを求めるため近くの町に向かうが、なぜか住民は全員死亡……。
やがてリアムは、その原因が自分にあるのではないかと疑い始める。
が、そんなとき、同じく記憶喪失の女性ジェーンと出会い、
ふたりで協力してこの現象の謎を解き明かそうとするが……。

SFシチュエーションスリラーの佳作です。

[私の選ぶ2018年映画ベスト10]の続きを読む
アニメ『RErideD-刻越えのデリダ-』第一話「目覚めた場所」 感想とあらすじ
RErideD00.jpg
舞台は未来っぽいどこかの惑星……
と思って公式HPを見たら、

「2050年。」

って、書いてありました。

ということは地球なんでしょうか。
たった30年ちょいで地球の言語は、
見知らぬ言語に取って代わられてしまったみたいです。

RErideD01.jpg

自社の製品「自律機械(オートマタ)」に、
深刻なバグが存在することを上司に告げるデリダとネイサン。

「そうだ、本来は検査資格のない従業員に検査をさせてデータを捏造しよう!」

「わが社の製品にバグなんかない!」とか何とか言って、
とにかくリコールを嫌がる上司。

あきらめた二人は、ネイサンの娘、マージュの誕生日を祝うためにネイサンの家に。

RErideD02.jpg
マージュと子守りロボのハドソン夫人。

RErideD03.jpg

ハドソン夫人は、
階段も自力で降りられる優れものです。
RErideD04.jpg

どうやって降りたのかは、
描かれていなかったので、わかりません。

[アニメ『RErideD-刻越えのデリダ-』第一話「目覚めた場所」 感想とあらすじ]の続きを読む
暇人なのでジョン・デンバーの『Take Me Home, Country Roads(「故郷へ帰りたい」或いは「カントリー・ロード」)』を訳してみた
B000024XCQTake Me Home Country Roads
John Denver
Laserlight

by G-Tools


天国に一番近い場所、ウエスト・バージニア
ブルーリッジ山脈
シェナンドー川
そこでは生命は年を重ね
木々よりもなお年嵩(としかさ)で
山々よりは若く
そよ風のように育つ

田舎道よ、俺を連れ帰ってくれ
俺が本来いるべき場所に
ウエスト・バージニア、母なる山
俺を連れ帰ってくれ、田舎道よ


俺の想い出は彼女に纏わることばかり
坑夫たちの恋人で、海の青さを知らず、
暗い灰色のペンキを塗られたような空に
ムーンシャイン(密造酒)の朧げな味
俺の目には涙

田舎道よ、俺を連れ帰ってくれ
俺が本来いるべき場所に
ウエスト・バージニア、母なる山
俺を連れ帰ってくれ、田舎道よ


彼女の声が聞こえる
朝方に俺を起こす彼女の声が
ラジオが俺に遠く離れた故郷のことを思い出させる
そして俺は車を走らせながらこう感じる
昨日あの町にいられたらよかったのに、昨日

田舎道よ、俺を連れ帰ってくれ
俺が本来いるべき場所に
ウエスト・バージニア、母なる山
俺を連れ帰ってくれ、田舎道よ

田舎道よ、俺を連れ帰ってくれ
俺が本来いるべき場所に
ウエスト・バージニア、母なる山
俺を連れ帰ってくれ、田舎道よ
今すぐ俺を連れ帰ってくれ、田舎道よ
今すぐ俺を連れ帰ってくれ、田舎道よ


<訳者あとがき>
[暇人なのでジョン・デンバーの『Take Me Home, Country Roads(「故郷へ帰りたい」或いは「カントリー・ロード」)』を訳してみた]の続きを読む
a-haの『Take On Me(テイク・オン・ミー)』って、Wingsの『Silly Love Songs(心のラヴ・ソング)』のパクリのような気がしますが、たぶん気のせいですね。




QUEEN(クイーン)の『Bohemian Rhapsody(ボヘミアン・ラプソディ)』の和訳と解釈
長くなってしまったので、訳詞と訳した感想を別立てにしました。

和訳については、↓こちら。
「暇人なので『Bohemian Rhapsody(ボヘミアン・ラプソディ)』を訳してみた」


まず、タイトルの『Bohemian Rhapsody(ボヘミアン・ラプソディ)』ですが、
これは直訳すると「放浪者の狂詩曲」というような意味になります。

Wikipediaによりますと、狂詩曲というのは「異なる曲調をメドレーのようにつなげたり」する曲の事だそうで、
この曲がとんでもない展開で
ころころとよくメロディーが変化することに納得がいきました。

ストーリーですが、基本的には以下のようになるかと思います。

放蕩の限りを尽くしてきた主人公が、ついに殺人に手を染めてしまう。

その報いで自らも命を落とす。(死刑?)

死した後、地獄(らしきところ)で裁きを受ける。

うまいこと逃げ出して復活!

ただ、実はこの曲は一説には
フレディ・マーキュリーがゲイをカミングアウトした曲」とも言われており、
その場合は、以下のように読めなくもありません。

ストレート(異性愛者)の振りをして生きてきた偽りの自分に決別することを決意。

ただ、事実を知った母親が悲しむのではないかという心配。

苦悩、葛藤、苦しみ。

それらを乗り越え、本当の自分として生きる決意。

フレディ自身は最後まで詞の意味について語らなかったようなので、
信じるか信じないかはあなた次第
と言ったところでしょうか。

続いて細部を見て行きます。
[QUEEN(クイーン)の『Bohemian Rhapsody(ボヘミアン・ラプソディ)』の和訳と解釈]の続きを読む
暇人なので『Bohemian Rhapsody(ボヘミアン・ラプソディ)』を訳してみた
B0164BWE0MBohemian Rhapsody [12 inch Analog]
Queen
Imports 2015-01-01

by G-Tools


これは現実?
それともただの夢?
崖崩れに巻き込まれた時のように
現実からも逃れる術はない
目を開けて
空を見上げて眺めるんだ
僕はただの哀れな少年
同情なんかいらない
なぜって僕は金を稼いでもすぐに使ってしまうし、
少し上品かと思えば少し下品で
でも、僕にとっての本当の問題はそんなことじゃないんだ、僕にとっての……
――とにかく、風は吹く

ママ、たった今、人を殺した
彼の頭に銃を向けて
引き金を引いて、今彼は死んだ
ママ、人生は始まったばかりだけど、
僕はもうすっかりそれを放り出してダメにしてしまった
ママ、ああ、
そのことがママを悲しませなきゃいいのだけれど
もし僕が明日のこの時間に戻らなくても
普段と変わらず過ごして欲しい
そんなこと取るに足らないことだってみたいに

遅すぎた、僕の番が来た
背筋を震えが走る
体が常に痛む
みんなさようなら、もう行かないと
君たちを後に残して立ち去り、真実に向き合わないといけない
ママ、ああ、
死にたくないよ
僕はときどき、生まれてなんか来なければよかったって思う

男の小さなシルエットが見える
道化だ
道化よ、ファンダンゴを踊らないか?
雷、そして稲妻が僕を震え上がらす
ガリレオ、ガリレオ、
ガリレオ、ガリレオ、
ガリレオ フィガロ ――ひとかどの人物だ

でも僕はただの哀れな少年で、誰も僕のことを愛さない
彼は哀れな家族の出のただの哀れな少年だ
この怪物から彼に命を与えてやれ

金を稼いでもすぐに使ってしまうし……僕を解放してくれるのかい?
神の御名のもとに、否!
我々は貴様を解放するつもりはない ――彼を解放してやれ
神の御名のもとに! 我々は貴様を解放するつもりはない ――彼を解放してやれ
神の御名のもとに! 我々は貴様を解放するつもりはない ――彼を解放してやれ
解放しはせぬ ――僕を解放してくれ
解放しはせぬ ――僕を解放してくれ
否、否、否、否、否、否、否
ああ なんてことだ、なんてことだ、なんてことだ、僕を解放してくれ
ベルゼバブは僕のために悪魔を取っておいたんだ
僕のために
僕のために

それで君は僕に石を投げつけたり
僕の目につばを吐きかけられると考えるんだ
それで君は僕を愛したり
僕を見殺しにしたりできると思うんだ
ああ、ベイビー、僕にこんなことしちゃダメさ
さあ、逃げ出さなきゃ
さあ、今すぐこんなとこ逃げ出さなきゃ

何事も大して問題じゃない
本当に問題なのが何なのか誰もわかってない
僕にとって何が本当に問題なのか

とにかく、風は吹く



<訳者あとがき>
「QUEEN(クイーン)の『Bohemian Rhapsody(ボヘミアン・ラプソディ)』の和訳と解釈」


COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.