氷鴨が止まらないBLOG
アニメ、本、映画の感想や、地元中日ドラゴンズの話など。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
最近衝撃を受けた2つのバンド
ご存知の方はとっくにご存知だったかとは思うんですが、
Hello Sleepwalkersというバンドと、
RADWIMPSというバンドです。

どちらも偶然ラジオで聴いて、
「日本のロックバンドも、まだまだ捨てたもんじゃない」
と思った次第です。

円盤飛来円盤飛来
Hello Sleepwalkers

曲名リスト
1. 円盤飛来
2. 21

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



DADADADA
RADWIMPS

曲名リスト
1. DADA
2. 縷々

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




スポンサーサイト
エイプリルフール「GoogleMapドラクエ風8ビットバージョン」のジョークCM
GoogleMaps(グーグルマップ)がエイプリル・フールに仕掛けた、
話題騒然のドラクエ風8ビットバージョンのジョークCMが公開されていたので、
貼っておきます。

自分の生まれ育った街がドラクエ風になっているのは、
ファミコン世代としては感涙ものです。

ひと目でわかる東京危険度
原発事故に関して、
「政府は信用できない。東京は危険なんじゃなんじゃないのか?」
とお考えの皆さん。

大丈夫です!

本当に危険だったら、

政治家が真っ先に逃げ出します(゚Д゚)。

(「政府機能を関西に一時的に移転」とか言い出したらマジヤバです。)
赤パーカー男が仙台で大暴れ!「Broken Wear」
海外のサイトで話題になっているという日本の動画のうちで、
赤パーカーを着た男が仙台で大暴れする「Broken Wear」という動画が面白すぎたので、
ちょっと調べてみた。



<ネタ元>
海外で人気を集める、日本の意味不明な映像5本 : ひろぶろ
[赤パーカー男が仙台で大暴れ!「Broken Wear」]の続きを読む
「巡音ルカ」 VS 「KAT-TUN」のパクリ騒動で思ったこと。
全然知らなかったんですが、
ジャニーズ事務所所属のアイドルグループKAT-TUNの曲『NEVER x OVER ?「-」 IS YOUR PART?』が、
ボーカロイド巡音ルカの楽曲『DYE』を盗作しているという騒動が昨年あり、
この度どうやらジャニーズ側が『DYE』の作者に「影響があった事実を認めて、然るべき処遇を講ずる」ということで決着したらしいです。

<ネタ元>
KAT-TUN側がボーカロイド楽曲の『影響があった事実』を認める 「事実を認めて頂き然るべき処遇をして頂く」 - ガジェット通信



『NEVER x OVER ?「-」 IS YOUR PART?』の作曲者を調べたら、
なんか7人くらい名前が挙がってるので、
どいつが犯人なのかさっぱりわかりませんが、
とりあえずここではそれはおいといて__(プД゚)フ品__
私がこの一件で面白いと思ったのは、
ああ、インターネットの時代ならではの事件だな
という点です。
[「巡音ルカ」 VS 「KAT-TUN」のパクリ騒動で思ったこと。 ]の続きを読む
中国人が日本で訪れてみたい場所第1位は、「富士山」。では、衝撃の第2位は?
今週号のAERA(2011年1月17日号)に、
中国人700人に聞いた「日本を訪れるなら、どこ?(複数回答)」というアンケート結果があるのですが、
第1位は「富士山」。

これはまあ、想定の範囲内。

しかし、第2位がなぜか、

名古屋・・・・・・。

京都(第4位)でも秋葉原(第8位)でもなく、

  名古屋
名古屋城ピンバッジ
[中国人が日本で訪れてみたい場所第1位は、「富士山」。では、衝撃の第2位は?]の続きを読む
スター・ウォーズのホログラム通信も目前?――独立行政法人情報通信研究機構が多人数で観察できるテーブル型裸眼立体ディスプレイの開発に成功
というわけで、いつの間にか未来はすごそこにやって来ているようです。

多人数で観察できるテーブル型裸眼立体ディスプレイの開発に成功
? 何もないテーブルに浮かび上がる立体映像 ?


独立行政法人情報通信研究機構(以下「NICT」という。理事長:宮原 秀夫)けいはんな研究所ユニバーサルメディア研究センターでは、何もない平らなテーブルの上に立体映像が浮かび上がり、椅子に座っていても、周囲から複数人で同時に高さのある立体映像を観察できる、テーブル型の新しい裸眼立体ディスプレイ「fVisiOn」(エフ・ビジョン)の開発に成功しました。
(独立行政法人 情報通信研究機構 2010年7月1日報道発表より)


で、これがその写真。

NICT01.jpg

こんなもの映画の中だけの話かと思っていましたが、
なんだか21世紀らしくなってきましたね。

<引用元>
多人数で観察できるテーブル型裸眼立体ディスプレイの開発に成功|NICT 独立行政法人 情報通信研究機構
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。