氷鴨が止まらないBLOG
アニメ、本、映画の感想や、地元中日ドラゴンズの話など。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ラノベのアニメ化についてちょっと思ったこと。
ライトノベルを原作とするアニメ『境界線上のホライゾン』と、
C3 -シーキューブ-』。

それぞれ第一話を見て、ちょっと思ったこと。

まず、アニメ『境界線上のホライゾン』。

境界線上のホライゾン 〔Horizon on the Middle of Nowhere〕 1 (初回限定版) [Blu-ray]境界線上のホライゾン 〔Horizon on the Middle of Nowhere〕 1 (初回限定版) [Blu-ray]

バンダイビジュアル 2011-12-22
売り上げランキング : 69

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


セリフ多過ぎ。

初回から登場キャラ多過ぎ。

大勢のキャラが、立ち止まったまま延々話続ける井戸端会議状態

なんでもかんでも“言葉”で説明しようとしすぎ。


つづいて、アニメ『C3 -シーキューブ-』。

C3-シーキューブ- 1 (期間限定版) [Blu-ray]C3-シーキューブ- 1 (期間限定版) [Blu-ray]

キングレコード 2011-12-21
売り上げランキング : 689

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


えっと、冴えない主人公の下に
どこかから裸の美少女が降ってきて
そこに幼なじみ(?)の女の子が鉢合わせして、
胸を巡るイザコザがあると。

これぞ、「ラノベ」 (゚Д゚)!!

(そこで見るのやめてしまったんで、後は知りません。)
[ラノベのアニメ化についてちょっと思ったこと。]の続きを読む
スポンサーサイト
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。