氷鴨が止まらないBLOG
アニメ、本、映画の感想や、地元中日ドラゴンズの話など。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
私の選ぶ2012年映画ベスト10
毎年恒例、
「私の選ぶ年間映画ベスト10」の時間がやってまいりました。

2012年に私が映画館やレンタルやテレビなどで見た111本の映画の中から、
良かった作品で、
なおかつ比較的新し目の作品上位10本を選出しました。

ただ、残念ながら2012年は全体的に低調な1年でした。


第10位「ミッション: 8ミニッツ」
ミッション:8ミニッツ [Blu-ray]
設定をあまりしゃべってしまうとネタバレになってしまうので書きませんが、
「8分の間にテロの犯人を見つけ出せ!」
という命題のソリッド・シチュエーション・スリラー的SF映画です。

大作映画ではありませんが、佳作です。


第9位「シャーロック・ホームズ」
シャーロック・ホームズ [Blu-ray]
すみません、わたし映画の舞台が現代や未来という設定が好きなもので、
ついついスルーを決め込んでおりまして、
超いまさらなんですが、
続編の『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』の公開に合わせてようやく重い腰を上げて鑑賞したところ、
えらい面白かったです(笑)。

格闘の際にホームズが、事前に相手の出方を脳内でシミュレーションしてしまうところは、最高でした。


第8位「ヒューゴの不思議な発明」
ヒューゴの不思議な発明 [Blu-ray]
駅の時計台にこっそり住んでいる孤児の少年ヒューゴと、玩具店の老主人メリエスを巡る心温まる物語。

劇中に出てくるオートマトン(機械人形)を、
CGではなく本当に作ってしまったらしいところに執念を感じます。
(ただし、動き自体はゼンマイ仕掛けではなくコンピューター制御とのこと。)


第7位「裏切りのサーカス」
Tinker Tailor Soldier Spy/裏切りのサーカス[リージョンA]
「サーカス」とは、イギリスの諜報機関MI6を指す隠語
MI6内部に潜り込んだKGBの二重スパイを巡るサスペンスです。

落ち着いた色調の画面に、抑制された演出がイギリスの風景にマッチし、
溜息の出るような素晴らしさです。

違いのわかる大人のための映画。


第6位「ドラゴン・タトゥーの女」
ドラゴン・タトゥーの女 [Blu-ray]
スウェーデンの推理小説『ミレニアム』シリーズ第一弾「ドラゴン・タトゥーの女」のハリウッド版映画です。

監督は『セブン』『ファイト・クラブ』などでお馴染みのデヴィッド・フィンチャー
主演は、これまた007役でお馴染みのダニエル・クレイグ

「久々に骨太なミステリー映画を見た」という感じで、満足のいく作品でした。

[私の選ぶ2012年映画ベスト10]の続きを読む
スポンサーサイト
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。