氷鴨が止まらないBLOG
アニメ、本、映画の感想や、地元中日ドラゴンズの話など。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
私の選ぶ2016年映画ベスト10
毎年恒例「私の選ぶ年間映画ベスト10」の時間がやってまいりました。

2016年に私が映画館やレンタルやテレビなどで見た120本の映画の中から、
良かった作品で、
なおかつ比較的新し目の作品上位10本を選出しました。

昨年は94本だったので、
二年振りに100本台を回復し、
勢い余ってこの年間映画ベスト10の記事を書き始めてからの最高本数を記録しました。

暇だったんでしょうか?

ただ、大ヒットした相手の名前を問う某アニメ映画とか、
これまた大ヒットした某怪獣映画とか未見です。
すみません、邦画を見る習慣があまりなくて……(-_-;)。

来年のランキングには入ってくるかも(笑)。

さて、2016年はけっこう骨太な映画が多かったように思います。


第10位「イット・フォローズ」
イット・フォローズ [Blu-ray]
のっけからホラー映画で恐縮ですが、
この1年間に見たホラー映画の中では、これが一番でした。

いや、とにかくついて来るんですよ、そいつが(笑)。

すごいスピードで追いかけてくるとか、
めちゃくちゃ強いとか、
そういうことは一切なく
歩いて追いかけて来る……。

けど、とにかくついて来る!――そこが斬新でした。


第9位「ザ・ウォーク」

ザ・ウォーク [SPE BEST] [Blu-ray]

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズでお馴染みのロバート・ゼメキス監督作品。
1974年に実際にNYのワールドトレードセンターで、
ツインタワーの間の綱渡りに挑戦したフランスの大道芸人フィリップ・プティの物語。

以下、ちょっとだけネタバレですが、
当然当局の許可を得た上でのチャレンジかと思いきや、
なんとゲリラ撮影

しかし、それは単なる思いつきの行き当たりばったりではなく、
そこに至るまでの過程や周到な準備の数々が丹念に描かれ、
いつしか見ているこちらも彼の挑戦に引き込まれていきます。


第8位「スポットライト 世紀のスクープ」

スポットライト 世紀のスクープ[Blu-ray]

アメリカの新聞社『ボストン・グローブ』の調査報道班「スポットライト」チームが、
丹念な取材によりカトリック司祭による性的虐待事件を暴いた実話に基づく物語。

取材活動に対する圧力や、
自分の家族もキリスト教徒であるのにもかかわらず教会内部の腐敗を暴くことに対する苦悩など、
様々な困難を抱えながらも、
己の信ずる正義のために闘う記者たちのジャーナリスト精神に脱帽


第7位「特捜部Q 檻の中の女」

特捜部Q ~檻の中の女~ [DVD]

レンタル屋で『特捜部Q キジ殺し』という映画を借りて見ようとしたら、
その映画はどうやら第2作目で、
第1作目があるらしいというので仕方なく先に見ることにしたのがこの『特捜部Q 檻の中の女』。

殺人課の刑事カールは、腕は確かだが自分勝手で暴走気味。
そのせいである事件で致命的なミスを犯し、
とうとう「特捜部Q」という迷宮入り事件の資料を整理するだけという窓際部署に追いやられてしまう。
しぶしぶ働くカールだったが、そんな中ふと5年前に失踪した美人議員ミレーデ・ルンゴーの捜査ファイルが目に留る……。

果たしてミレーデはまだ生きているのか、
そして犯人の意外な動機とは!?

巧みな構成で最後まで魅せるサスペンス映画の傑作です。



第6位「ピエロがお前を嘲笑う」

Who Am I - Kein System ist sicher: - Keine Info -

冴えない青年ベンヤミンは、実は天才的なハッキングの才能の持ち主。
彼の能力に気づいたマックスと共にハッカー界の頂点を目指すが、
やがて彼らの行動はどんどん過激化していき――。

ハリウッドリメイクも決定しているという、ドイツのサスペンス映画です。
ハッカーたちが集うバーチャル空間の描写が斬新で秀逸。
どこかで見たことのあるようなオチかもしれませんが、
それでも十分楽しめました。

[私の選ぶ2016年映画ベスト10]の続きを読む
スポンサーサイト
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。