FC2ブログ
氷鴨が止まらないBLOG
アニメ、本、映画の感想や、地元中日ドラゴンズの話など。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
アニメ『RErideD-刻越えのデリダ-』第一話「目覚めた場所」 感想とあらすじ
RErideD00.jpg
舞台は未来っぽいどこかの惑星……
と思って公式HPを見たら、

「2050年。」

って、書いてありました。

ということは地球なんでしょうか。
たった30年ちょいで地球の言語は、
見知らぬ言語に取って代わられてしまったみたいです。

RErideD01.jpg

自社の製品「自律機械(オートマタ)」に、
深刻なバグが存在することを上司に告げるデリダとネイサン。

「そうだ、本来は検査資格のない従業員に検査をさせてデータを捏造しよう!」

「わが社の製品にバグなんかない!」とか何とか言って、
とにかくリコールを嫌がる上司。

あきらめた二人は、ネイサンの娘、マージュの誕生日を祝うためにネイサンの家に。

RErideD02.jpg
マージュと子守りロボのハドソン夫人。

RErideD03.jpg

ハドソン夫人は、
階段も自力で降りられる優れものです。
RErideD04.jpg

どうやって降りたのかは、
描かれていなかったので、わかりません。

[アニメ『RErideD-刻越えのデリダ-』第一話「目覚めた場所」 感想とあらすじ]の続きを読む
スポンサーサイト
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。