氷鴨が止まらないBLOG
アニメ、本、映画の感想や、地元中日ドラゴンズの話など。

アニメ 『フタコイ オルタナティブ』感想
アニメ『フタコイ オルタナティブ』の第一話から第三話まで見たので感想を。

以前やっていた毒にも薬にもならないアニメ『双恋』の続編かと思って見始めたら、「な、なんじゃこりゃあぁぁぁぁ!?」

出てくるキャラは一緒でも、ストーリーや設定が全く違うではありませんか!

小説ではリチャード・バックマンことスティーヴン・キングの小説『レギュレイターズ』『デスペレーション』で、そういうのがありましたが、
まさかアニメでそんなことをやるとはビックリです。
演出は宮藤官九郎か、はたまたガイナックスの『フリクリ』かという感じです。(『フリクリ』ほどぶっ飛んでないけどね。)

前回の『双恋』とどっちが芸術性が高くて、どっちがより斬新かといえば、それはもちろん今回の『フタコイ』の方なんですが、
じゃあどちらが面白いかというと・・・。

なんというか着地点が見えないんですよね。
何を目指しているのかよくわからないというか。
“ギャグ”アニメということでやってるなら、はっきり言って別に笑えないです。

何はともあれ今後も温かく見守っていこうとは思ってます。

フタコイ オルタナティブ 恋と少女とマシンガン(初回限定版)

マーベラスインタラクティブ 2005-06-23
売り上げランキング : 59

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.