氷鴨が止まらないBLOG
アニメ、本、映画の感想や、地元中日ドラゴンズの話など。

中日ドラゴンズ7-1から6点差を逆転勝利!
エースの川上が乱調で、阪神に2点リードを許したと思ったら、5回に打球を脛に当てて突如降板

緊急で小林がリリーフしたが、金本が当たってもいないのにデッドボールで出塁するわ、ホームへの返球を焦った中村ノリがランナーの後頭部にボールをジャストミートさせて生還を許すわ、気づいたら7-1で6点差
9-1で敗れた昨夜の悪夢が頭をよぎります。

中日ドラゴンズ70周年記念ミニチュアフィギュア 12個入りBOX (約4.5cm/個、PVC製)
中日ドラゴンズ70周年記念ミニチュアフィギュア  12個入りBOX (約4.5cm/個、PVC製)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


しかし今日は違いました。
1点差へと追い上げる立浪の代打2点タイムリーあり、英智の代打2点タイムリーあり。
気づいたら8点取って逆転しておりました。

実は名古屋では今日テレビ中継がありまして、
7-1で6点差つけられたときにアナウンサーが、
「いや、まだ回は中盤ですし、今日は阪神は抑えのエース藤川が扁桃腺炎でベンチにいないので、まだわかりません。まだわかりません
と、視聴者をつなぎ止めるために必死に繰り返すのを、

「哀れな・・・」

と思って見ていたのですが、
いや、アナウンサー、あんたは偉かった!

確かにこないだ岩瀬が風邪でリタイヤしたとき、守護神がいない辛さを身をもって知ってはいたんですが、まさかこんなことが本当に起こるとは・・・。

いやはや大興奮のゲームでした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.