氷鴨が止まらないBLOG
アニメ、本、映画の感想や、地元中日ドラゴンズの話など。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
大河ドラマ『風林火山』第30回 「天下への道」 (7月29日放送)感想
というわけで今更ですが、今年も見てます大河ドラマ。
今回の『風林火山』は、Gackt(ガクト)が主人公の山本勘助(内野聖陽)よりも多く出演していました。

最初Gacktが大河ドラマに出ると聞いたとき、
「えっ、あのメイクで時代劇!?」
と思いましたが、こうして実際に見てみると全く違和感がないです。

風林火山風林火山
TVサントラ NHK交響楽団 高関健

EMIミュージック・ジャパン 2007-02-28
売り上げランキング : 191
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


また、「Gacktって芝居できるの?」とも心配しておりましたところ、動作には多少ぎこちなさがあるものの、台詞回しは全然問題ないです。
むしろ兄の長尾晴景役の戸田昌宏より、よっぽどうまい
若干ガンダム入ってる感は、なきにしもあらずですがw。
一番感心したのは、武田信虎役の仲代達矢です。

仲代達矢だとは気づかず、「とんでもなくうまい役者だけど、一体何者?」とずっと思っていました。
狂気を孕んだ鬼気迫る演技は尋常じゃないです。
そばにいたら絶対近づきたくありません

諏訪の由布姫役の柴本幸は、ウィキペディアによるとプライベートでは山本勘助役の内野聖陽の熱烈なファンなんだとか。
勘助に向ける熱い眼差しは、実は演技ではないのかもw。

板垣信方役の千葉真一はアクションしか出来ないのかと思ったら、演技もいい味出してました。
68歳であれだけの大立ち回りは見事に尽きます。
引退とは残念ですね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。