氷鴨が止まらないBLOG
アニメ、本、映画の感想や、地元中日ドラゴンズの話など。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
映画 『崖の上のポニョ』 感想
ポーニョ ポーニョ ポニョ さかなの子?♪

うおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ、出ました!

間違いなく私の2008年ナンバーワン映画です。

崖の上のポニョ サウンドトラック崖の上のポニョ サウンドトラック
久石譲 覚和歌子

徳間ジャパンコミュニケーションズ 2008-07-16
売り上げランキング : 85
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


以下、ややネタバレあり!


冒頭で主人公の男の子宗介が、
海に入るためにクツを脱ぐシーンがあるのですが、
そこで
「こ、この監督やっぱタダ者じゃねぇ!」
と思わされて以来、
最後までずっとやられっ放しでした。

いや、あのクツの脱ぎ方がスゲーってことに、
いったいあの映画館にいた何人が気づいたのか?

もうあれを見ただけでこの監督の演出の力量が並大抵のものじゃないって、わかってくれるよねララァは?
宮崎駿がこの作品を作り始めたときに、
なんか「絵をデフォルメして手描きっぽい感じににこだわる」的な発言をしていて(私の記憶違い?)、
クレヨン画がカクカク動くようなアニメだったらどうしよう
と心配していたのですが、
いつもと変わりませんでした

強いてデフォルメというなら、リサカー尋常じゃないドライビングくらいですか。

宮崎駿っていうとこれまでは、「空」のイメージがありましたが、今回舞台となるのは「海」。
でも、これがまた素晴らしい!

陳腐な表現で申し訳ないですが、海の神秘が遺憾なく描かれていて、
特にポニョのお母さんが登場するシーンなんか鳥肌モノです。

とにかくね、私なんかもう年だから、
なんでもないシーンですぐ泣きそうになるんですよ。

一番ぐっと来たのがですね、
あのバケツ

ポニョがね、放さないんですよ、バケツを。
たとえ寝てても

まあ、ストーリー上の都合もあったのかもしれませんが、
もうそういう些細なところにやられてしまいました。

傑作です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
僕も観てきました!
最初の感想としては、「うーん、すごいんだろけど、俺はゲド戦記のほうが好きかなぁ」でしたが(オイ)、氷鴨さんの感想を読んでイメージが変わりました。
やっぱ僕は、まだまだアニメ初級者ですね(--;

「なんでもないシーンで泣きそうになる」感覚、わかります~。
つまり、僕ももう年ということで――。
2008/08/29
(金) 00:06:16 | URL | 紅一 #Q.13iaBo[ 編集]
re: 紅一
紅一くん、コメントどうもありがとう!


>最初の感想としては、「うーん、すごいんだろけど、俺はゲド戦記のほうが好きかなぁ」でしたでしたが(オイ)、氷鴨さんの感想を読んでイメージが変わりました。


そういえば紅一は、『ゲド戦記』が好きな人でしたな。
オレの中では、あの映画はもう“なかったこと”にw。

毎回宮崎駿の子ども描写には感心させられるんだけど、
『ポニョ』でもやはりすごかった。

宗介が冒頭でポニョを見つけたときに、 
もう全く迷わずに前だけを見つめて、
手を使わず足だけでさっと靴を脱ぎ捨てて、
そのままジャブジャブ水の中に入っていく。

もうこれだけで「この子は芯の通った真っ直ぐな男ので、一度決めたことは迷わずやり抜く意志の強い子だ」って、わかるわけです。

そしてそれが、ラストでポニョをきっぱり受け入れるあの答えに繋がって行くんですな。


>「なんでもないシーンで泣きそうになる」感覚、わかります~。
>つまり、僕ももう年ということで――。

そうなったらもう年か、欝ですな。
オレはたぶん両方・・・w。
2008/08/30
(土) 16:12:35 | URL | 氷鴨 #jsZCZdOQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。