氷鴨が止まらないBLOG
アニメ、本、映画の感想や、地元中日ドラゴンズの話など。

アニメ『屍姫(シカバネヒメ) 赫』第1話「死が舞う」感想
秋アニメが続々と始まってますが、まずはアニメ『屍姫(シカバネヒメ) 赫』の感想などを。

作画は頑張っているが、声優と脚本(演出)がクソ。

屍姫 パーフェクトガイド 屍解教典屍姫 パーフェクトガイド 屍解教典
スクウェア・エニックス

スクウェア・エニックス 2008-09-22
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ヒロインと主役の男がフガフガフガフガしてるので、
どこのクソ声優だと思ったら、
秋山奈々と羽染達也でした。

誰?
Wikipediaによると秋山さんが「モデル、女優、歌手」、羽染くんが「俳優」だそうです。

ということはプロの声優ではないということですな。
じゃ、遠慮なくいつものやつを。

素人使うなよ、聞き苦しいから。

物語の中盤、女性ばかりを大量に殺した男が刑事たちに追い詰められます。

男「警察組織で犯罪を犯す部下がいたらどうする?」
刑事「うっ…」

いやいやいや、答えに窮するほどエッジの利いたこと言ってないと思うが?

まあ、それは置くとして、「犯罪を犯す」って。

犯したものをもう一度犯しちゃった!

でも、仕方ない。
所詮大量殺人鬼が言うたわ言です。
いちいち取り合ってられません。
警察が反論します。

刑事「女性たちがどんな犯罪を犯した」

また犯しちゃったΣ(゚д゚|||)

まったく、頭痛が痛いね。

でも、絵は頑張ってた。
最後まであのクオリティが続けられれば誉めてあげたいところですが、

もう見ないので無理。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.