氷鴨が止まらないBLOG
アニメ、本、映画の感想や、地元中日ドラゴンズの話など。

「生誕30周年祭 in NAGOYA ガンダムTHE FIRST ?未来創造の世紀へ?」行って来ました! (その2)
というわけで、(その1)のつづきです。

GUNDAM30th-02.jpg

カイ・シデン(古川登志夫)、ハモン(中谷ゆみ)、デギン・ザビ(永井一郎)。
そしてアムロ(古谷徹)、シャア(池田秀一)、ララァ(潘恵子)による生アテレコは、
一生の記念物でした。

シャア役の池田秀一さんが感極まって涙ぐんだのには驚きましたが、
いや気持ちはわかります。
私もイベント中何度泣きそうになったことか。・゚・(ノД`)・゚・。

そして「GUNDAM SONGS フェスティバル ?the origin?Part(2)」では、
鮎川麻弥による『Ζ・刻を越えて』の生歌が!

イントロが始まった瞬間に会場中から大歓声が上がりました。
いやあ、生きてるうちに『Ζ・刻を越えて』が生で聴けるとは思いませんでした。
メ?テレさんありがとう。
しかし、これらを凌駕して私の眼に鮮烈に焼きついたのが、
加藤夏希によるララァのコスプレ。

「We Love シャア」というコーナーで、及川光博、千原せいじ、古谷徹、バッファロー吾郎らがコスプレして現れるたびに、
「わぁー」という歓声が上がっていたのですが、
加藤夏希がララァのコスプレで現れた途端、

「ぉぉぉおおおおおおおおおおおーっ!

と地の底から湧き上がるようなどよめきが。

いや、びっくりした。
この世にこんなにもララァのコスプレが似合う人間が存在したことに

というわけで今、私の頭の中は加藤夏希のことでいっぱいです。
(ガンダムは?)

この他、富野由悠季、及川光博、土田晃之、喜屋武ちあきらによる「よみがえれ!ボクらの30年?富野監督 ガンダムトーク!?」では、
かなりマニアックなトークが聞けて面白かったです。

正直及川光博がこのイベントの“親善大使”だと聞いたときには、
「は? なにゆえミッチー?」
と全然ピンと来なかったのですが、
いや、まさかあそこまでのガンヲタだったとは。

あれなら親善大使も納得。
ミッチーありがとう、チャオ☆

ちなみに、イベント中一番ウケたギャグは、
バッファロー吾郎・木村の「今VTR見直したら、ランバ・ラル死ぬ前に『オモシロクナ?ル』飲んでましたよね?」です。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.