氷鴨が止まらないBLOG
アニメ、本、映画の感想や、地元中日ドラゴンズの話など。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
映画『デトロイト・メタル・シティ』感想
デスメタルバンドのカリスマヴォーカルであるヨハネ・クラウザー・?世は、
実は超ど田舎の農家の倅(せがれ)根岸崇一で、
メタルには全然興味がない気の弱い青年
というギャップがミソのこの映画。

農家の出身で牛の扱いには慣れている設定のはずなのに、
クラウザーに触られる牛が如実に嫌がっているという些細な点はおくとしても、
なんというかフツーだよね。
思い切りが悪いといいますか。

デトロイト・メタル・シティ スペシャル・エディション [DVD]デトロイト・メタル・シティ スペシャル・エディション [DVD]

東宝 2009-02-13
売り上げランキング : 2854
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

原作ギャグマンガなんだから、
もっとはっちゃけちゃっても良かったんじゃないの?

<以下、ネタバレあり>
実家で超高速で草を刈ったり、トラクターを乗り回すシーンはよかったけど、
なぜ全編にわたってあれができなかったのか。

例えばクライマックスで、
「クラウザーが実家から東京のライブ会場に向かうのに、
新幹線の運転席に乗っている
というシーンがあるんだけど、
そこは新幹線を走って追い越してくるぐらいの描写でよかったんじゃないの?
(いや、ひょっとしたら原作でもそうなってるのかもしれないけど、特に原作どおりにする必要もない。)

で、駅に到着後、
クラウザーはライブ会場までかなりの距離を走り、
それにどんどんファンがついて来て、
一緒になって街を駆け抜けるというシーンがあるんだけど、
普通にたらたら走っているだけ

早まわしにするなりなんなりして、
もっと勢いよく走れや(゚Д゚)
盛り上がるはずのシーンなのに、
さっぱり盛り上がりません。

そしてラストの意味不明のメタル対決。
どうなりゃ勝ちなんですか、あれは(゚Д゚)?

中途半端なリアリティへのこだわりなのかなんなのかは不明ですが、
見終わってもいまひとつスカッとしない映画でした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。