氷鴨が止まらないBLOG
アニメ、本、映画の感想や、地元中日ドラゴンズの話など。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
高村薫に日本の良心を見た
『AERA』2010年4月26日号p.59の連載記事「平成雑記帳」にて、
例の東京都が「非実在青少年」まで条例で規制しようとしている問題について、
高村薫が「『非実在青少年』というネーミングこそ笑える」と題して、
至極まっとうなことを言ってます。

作家的時評集2000-2007 (朝日文庫 た 51-1)

取り立てて斬新で鋭いことを言っているとかいうわけでなく、
もう本当にただただ真っ当なことを言っています。

いわく、

「問題なのは子ども、もしくは子どもにしか見えないカワイイ女の子や男の子が、大人の性の対象とされていることか。では、大人の女性が男性たちに陵辱される話はOKなのか。」
(『AERA』2010年4月26日号p.59より引用)

いわく、

「そもそも二次元の非実在のキャラクターは、現実にかなえがたい欲望を、非現実に移して満たすために存在する。」(同上より引用)

「現実の加害も被害も存在しない二次元表現の中身について、風紀を理由に行政が介入することのほうが、ほとんどホラーのような話だと思うのだが」(同上より)

はい、まっとうです、ごまっとうです(゚Д゚)!

SHALL WE LOVE ?

もし、

「このエロマンガは児童に対する性犯罪を助長しておる。けしからん!」→規制

という理屈が成り立つのなら、

「このエロマンガはレイプを助長しておる。けしからん!」→規制

「このエロマンガは痴漢を助長しておる。けしからん!」→規制

という理屈も成り立ちますし、
更には、

「このホラー映画は殺人を助長しておる。けしからん!」→規制

「このゲームは銃器犯罪を助長しておる。けしからん!」→規制

という理屈まで成り立ちます。

もっといえば、何も映像メディアばかりでなく、

「この小説は殺人を助長しておる。けしからん!」→規制

「このは殺人を助長しておる。けしからん!」→規制

という理屈も成り立つわけです。

ですから、

「俺、エロマンガ読まないからカンケーね(゚Д゚)」

とか言ってる場合じゃないんですよ、
そこのあなた!


まあ、それにしても問題なのは、
こういう真っ当なことを言う大人が滅多にいないことですかね。

で、この規制を推し進めている当の本人の某都知事はといえば、
「与党の党首とか幹部は帰化した人間が多い」などと、
またぞろ民族主義的な差別発言で物議をかもしておりますが、
その肝心の情報元が「インターネット」って・・・( ;´∀`)。


もお、おじいちゃんたら、

お・ちゃ・め  ヘ(≧▽≦ヘ)!

スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。