氷鴨が止まらないBLOG
アニメ、本、映画の感想や、地元中日ドラゴンズの話など。

映画『シンデレラマン』感想
ラッセル・クロウ主演の映画『シンデレラマン』の感想です。
(韓流ドラマの『シンデレラマン』ではありません。念のため。)

シンデレラマン [DVD]シンデレラマン [DVD]
クリフ・ホリングワース

ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント 2006-10-20
売り上げランキング : 12093
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ストーリーは、実在のプロボクサージェームス・J・ブラドックの人生が基になっています。

ボクサーとして華やかなスター街道を歩むブラドック(ラッセル・クロウ)でしたが、
年齢を重ねるに従って戦績も振るわなくなり、
やがて生活はどん底に・・・。

だが、家族のためにブラドックはプライドを捨ててあがき続ける・・・。


舞台となっているのが世界恐慌下のアメリカ。

2005年の映画なので狙ったわけではないのでしょうが、
この大恐慌という時代背景が、
世界同時不況下の現在とオーバーラップする部分が多く、
妙に身につまされます。

不況に苦しむ今だからこそ、
勇気をもらえる作品かもしれません。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.