氷鴨が止まらないBLOG
アニメ、本、映画の感想や、地元中日ドラゴンズの話など。

映画『エアベンダー』感想
アバターも観れて一石二鳥!(

というわけで、M・ナイト・シャマラン監督の最新作『エアベンダー』観てきました。

気・水・土・火。
この4つのエレメント全てを操る者を<アバター>と呼ぶ!!

エアベンダー [DVD]エアベンダー [DVD]


売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

というわけで、アバターが出てきてのっけからズッコケるわけですが、
ウィキペディアによるとこちらが先のようです。

参考:http://ja.wikipedia.org/wiki/エアベンダー

3D版で観たのですが、
3Dの意味がほとんど感じられませんでした(-_-;)。

飛び出していたのは字幕だけのような気も・・・。
原作があるせいか、ストーリーもM・ナイト・シャマランらしい「家族愛」とか「伏線」とか「どんでん返し」も特になし。

Avatar: The Last Airbender
Avatar: The Last Airbender
↑アメリカで放映されたアニメ『アバター 伝説の少年アン』

唯一のどんでん返しは、「パート2に続く」みたいな終わり方をしたところでしょうか。

続くとは思わなかったので、びっくりしました(笑)。

映画のジャンルとしては、「カンフーとファンタジーの融合」というところですかね。

ベンダーたちがカンフーアクションでエレメントを操るところは、ちょっと面白かったです。

アニメ版の日本の公式サイトは↓こちら。
http://www.nickjapan.com/character/avatar/index.html

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
エアベンダー / THE LAST AIRBENDER 火の国、水の国、土の国、気の国という4つの王国によって成り立つ世界。 それぞれのエレメントを操る者”ベンダー”により均衡は保たれていたが ある時、火の国が反...
2011/05/19(木) 20:17:41 | RISING STEEL
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.