氷鴨が止まらないBLOG
アニメ、本、映画の感想や、地元中日ドラゴンズの話など。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
アニメ『輪る(まわる)ピングドラム』第1話「運命のベルが鳴る」感想
生存戦略しましょうか(゚Д゚)!

いかん、これは面白い。


輪るピングドラム―試運転マニュアル公式スターティングガイド
4344822722


というわけで、この夏始まったアニメ『輪るピングドラム』の感想です。

監督は『少女革命ウテナ』の幾原邦彦

キャラクター原案が『おとめ妖怪ざくろ』の星野リリィというのが、
個人的にポイント高し

タイトルの「ピングドラム」の意味がわからなかったのですが、
英語表記を見ると「PENGUINDRUM(ペンギンドラム」となってますね。

ま、つまりはそういうこと(゚Д゚)?

電車の移動シーンとか、
モブ(人混み)の演出がシュールでグッド。

オープニング曲、挿入歌、エンディング曲も
オサレでナイス。

ノイタミナっぽいです。

毎日放送(MBS)だけど。

ヒロインの声がくぐもっていてイマイチですが、
それを補って余りあるものが。

2話目以降の展開にも期待。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。