氷鴨が止まらないBLOG
アニメ、本、映画の感想や、地元中日ドラゴンズの話など。

『ふぁみ中 青春ファミコン劇場'80』(綜合図書)感想
偶然本屋で見つけたファミコン特集のムックです。

「ファミコン世代に捧げる究極の一冊!」のアオリに偽りなし!

ふぁみ中 青春ファミコン劇場'80 (ローレンスムック)ふぁみ中 青春ファミコン劇場'80 (ローレンスムック)

綜合図書 2011-06-23
売り上げランキング : 8026

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

最近この当時のドット絵のゲーム画面に強烈なノスタルジーを覚えるわけですが、
そういう人にはオススメの一冊です。

内容は、

南海キャンディーズの山里亮太のインタビュー、「僕とゲームと青春」。

「大ヒットシリーズ今昔物語」と題した「ドラクエ」「スーパーマリオ」「FF」「メタルギア」「ファミスタ」などの検証。

「ドラクエになれなかったRPGたち」(「ファイアーエンブレム」「ヘラクレスの栄光」「イース」etc.)
「こんな有名人がタイアップしてました!」(「さんまの名探偵」「カケフ君のジャンプ天国」etc.)
「ゲームの中のトンデモ世界観」(「東方見聞録」「ラストハルマゲドン」etc.)
「10年早すぎたゲームたち」(「アップルタウン物語」「スターラスター」etc.)

などなど盛りだくさん。
涙なくしては読めません。

買おうかどうしようかちょっと迷ったんですが、
買ってよかったです。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.