氷鴨が止まらないBLOG
アニメ、本、映画の感想や、地元中日ドラゴンズの話など。

私の選ぶ2012年映画ベスト10
毎年恒例、
「私の選ぶ年間映画ベスト10」の時間がやってまいりました。

2012年に私が映画館やレンタルやテレビなどで見た111本の映画の中から、
良かった作品で、
なおかつ比較的新し目の作品上位10本を選出しました。

ただ、残念ながら2012年は全体的に低調な1年でした。


第10位「ミッション: 8ミニッツ」
ミッション:8ミニッツ [Blu-ray]
設定をあまりしゃべってしまうとネタバレになってしまうので書きませんが、
「8分の間にテロの犯人を見つけ出せ!」
という命題のソリッド・シチュエーション・スリラー的SF映画です。

大作映画ではありませんが、佳作です。


第9位「シャーロック・ホームズ」
シャーロック・ホームズ [Blu-ray]
すみません、わたし映画の舞台が現代や未来という設定が好きなもので、
ついついスルーを決め込んでおりまして、
超いまさらなんですが、
続編の『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』の公開に合わせてようやく重い腰を上げて鑑賞したところ、
えらい面白かったです(笑)。

格闘の際にホームズが、事前に相手の出方を脳内でシミュレーションしてしまうところは、最高でした。


第8位「ヒューゴの不思議な発明」
ヒューゴの不思議な発明 [Blu-ray]
駅の時計台にこっそり住んでいる孤児の少年ヒューゴと、玩具店の老主人メリエスを巡る心温まる物語。

劇中に出てくるオートマトン(機械人形)を、
CGではなく本当に作ってしまったらしいところに執念を感じます。
(ただし、動き自体はゼンマイ仕掛けではなくコンピューター制御とのこと。)


第7位「裏切りのサーカス」
Tinker Tailor Soldier Spy/裏切りのサーカス[リージョンA]
「サーカス」とは、イギリスの諜報機関MI6を指す隠語
MI6内部に潜り込んだKGBの二重スパイを巡るサスペンスです。

落ち着いた色調の画面に、抑制された演出がイギリスの風景にマッチし、
溜息の出るような素晴らしさです。

違いのわかる大人のための映画。


第6位「ドラゴン・タトゥーの女」
ドラゴン・タトゥーの女 [Blu-ray]
スウェーデンの推理小説『ミレニアム』シリーズ第一弾「ドラゴン・タトゥーの女」のハリウッド版映画です。

監督は『セブン』『ファイト・クラブ』などでお馴染みのデヴィッド・フィンチャー
主演は、これまた007役でお馴染みのダニエル・クレイグ

「久々に骨太なミステリー映画を見た」という感じで、満足のいく作品でした。


第5位「007 スカイフォール」
007 スカイフォール [Blu-ray]
『007 カジノ・ロワイヤル』『007 慰めの報酬』に続く、
ダニエル・クレイグによるジェームズ・ボンドシリーズ第3弾。
(ただし、ストーリー的な繋がりは無し。)

見終わった直後は、
「なんだかクライマックスが007っぽくないし、
前2作にはちょっと及ばないなあ」
と思っていたんですが、
時間が経つにつれ、
「でも、トータルで言えばけっこう良かったよね
と思い直して、この順位。

軍艦島も出てくることですし(笑)。


第4位「ダークナイト ライジング」
ダークナイト ライジング Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)
『バットマン ビギンズ』『ダークナイト』に続く、
クリストファー・ノーラン監督による新生バットマンシリーズ3作目。

映画史に燦然と輝く傑作である前作には及ばないものの、要所要所で感動させられました。
シリーズの積み重ねって大事ですね。


第3位 「ゴーストライター」
ゴーストライター [Blu-ray]
名匠ロマン・ポランスキー監督のサスペンス。

撮影の仕方がまるで文芸大作の芸術映画みたいなんですが、
それでもちゃんとサスペンス映画になっているという、
異色の映画です。

「そこをこう撮るか!」
唸らされるシーン多数で、
「この人、映画撮るのうまいなぁ~」
と感心させられます。

ネタバレになるので書きませんが、
ラストシーンなんかも最高にうまいです。


第2位 「宇宙人ポール」
宇宙人ポール [Blu-ray]
『ショーン・オブ・ザ・デッド』『ホット・ファズ -俺たちスーパーポリスメン!-』などでお馴染みのサイモン・ペッグが脚本・出演のコメディ。

イギリス人のオタク青年二人がコミコンに参加するために訪れたアメリカで、
ひょんなことから宇宙人のポールと出会い、
キャンピングカーで旅するロード・ムービー。

オタクなら「わかるわかる、それ!」と思わず膝を打つシーン多数。

英国流ブラックジョークの切れ味は、さすがです。


第1位 「スコット・ピルグリムVS.邪悪な元カレ軍団」

スコット・ピルグリムVS.邪悪な元カレ軍団 [Blu-ray]

正直、私自身
「えっ、これが1位!?」
という感じがあるんですが(笑)、
とうとう最後までこれを超える映画には出会えませんでした。

抜群のセンスで持って、
斬新な映像表現に挑戦する姿勢に脱帽。

久し振りに映画の新たな可能性を感じる一作でした。


関連記事:
「私の選ぶ2011年映画ベスト10」
「私の選ぶ2010年映画ベスト10」

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.