氷鴨が止まらないBLOG
アニメ、本、映画の感想や、地元中日ドラゴンズの話など。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
私の選ぶ2014年映画ベスト10
毎年恒例「私の選ぶ年間映画ベスト10」の時間がやってまいりました。
だらだら書いていたら、いつの間にやら3月になっていました。

2014年に私が映画館やレンタルやテレビなどで見た101本の映画の中から、
良かった作品で、
なおかつ比較的新し目の作品上位10本を選出しました。

14年の全体的な印象としては、
「そこそこ面白い映画は多かったが、ずば抜けて面白いものは少なかった」
てな感じでしょうか。


第10位「ホビット 竜に奪われた王国」

ホビット 竜に奪われた王国 [Blu-ray]

映画『ホビット』3部作の第2部です。
前作 『ホビット 思いがけない冒険』が死ぬほど退屈だったので、
すっかり懲りて映画館にも行かずDVDを借りてみたんですが、
そしたらすごく面白かったです。

なぜ、第1部からこれができなかったのか!


第9位「オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主」

オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主 [DVD]

死者の霊が見えるという特殊能力の持ち主オッド・トーマス
彼は変人扱いされるのを恐れて自らの能力を隠しているが、
ある日その能力ゆえに街にとてつもない災厄が迫っていること知る……。

主人公のオッド・トーマスがやや老け顔なのが気になりますが、
これは2013年のベスト10で言うところの『クロニクル』に相当する作品で、
思わぬ拾い物でした。


第8位「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命」

プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命 スペシャル・プライス [Blu-ray]

バイクショーのライダーだったルークは、
ある時その腕を見込まれ銀行強盗の誘いを持ちかけられる。
一方、新米警官のエイヴリーは正義感溢れる男だったが、
同時に出世への野心も胸に秘めていた……。

親子二代に渡る因縁と葛藤の物語。


第7位「最後のマイ・ウェイ 」

最後のマイ・ウェイ Blu-ray

フランスの人気歌手クロード・フランソワの伝記映画。
実は『マイ・ウェイ』は彼の歌がオリジナルだと、
この映画を見て初めて知りました。

1960年代から70年代の音楽シーンを駆け抜けた、
一人の男の物語です。


第6位「ダラス・バイヤーズクラブ」

ダラス・バイヤーズクラブ [Blu-ray]

1985年当時、エイズはゲイがなる病気だと思われていました。
アメリカ、テキサス州のロデオ・カウボーイで、
超女好きのロン・ウッドルーフももちろんそう思っていた一人。
けれども、ある日体調不良で担ぎ込まれた病院で、
ロンは「HIV陽性で余命30日」と告げられる……。

実話を基にした物語です。

第5位「オール・ユー・ニード・イズ・キル」

オール・ユー・ニード・イズ・キル ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]

日本のライトノベルが原案のSF映画。

「自分が書いた小説がトム・クルーズ主演でハリウッドで映画化される」などという夢のような出来事が、
本当に起こり得るんですね。
「オレの将来の夢は、小説家になって書いた作品がトム・クルーズ主演でハリウッドで映画化されること」なんて言ったら、
こいつバカだと思われるのが関の山だと思うんですが、
そういうことが現実にあるんだということがわかっただけでも、
世の中捨てたもんじゃないですね。

映画としてもかなり面白かったです。


第4位 「キック・アス/ジャスティス・フォーエバー」

キック・アス ジャスティス・フォーエバー [Blu-ray]

「私の選ぶ2011年映画ベスト10」で、
堂々の第1位を獲得した映画『キック・アス』の続編です。

前作ではまだ子供だったクロエ・グレース・モレッツが、
美少女へと変貌を遂げております。

今作も十分面白かったんですが、
前作と比べるとアクションシーンの爽快感などがやや劣るかなということで
この順位。


第3位 「アップサイドダウン 重力の恋人」

アップサイドダウン 重力の恋人 Blu-ray

上下に隣り合う双子惑星。
そこは上と下それぞれに引力が働く「二重引力」の世界だった。
ある日、上の世界に住む少女と下の世界に住む少年が出会い、
やがて二人は恋に落ちるが……。

独創的な世界観を圧倒的な映像美で見せる
SFラブロマンス。
素晴らしかったです。


第2位 「LIFE!/ライフ」

LIFE!/ライフ 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定)    [Blu-ray]

雑誌『LIFE』のネガ管理部門で働く、真面目だがパッとしない男ウォルター。
大事なフィルムが一枚ないことに気がつき、
撮影者のカメラマンを探しに出かけたところ、
いつしかそれは世界を股に掛けた冒険に……。

見ているこちらも世界を旅したような気持ちになる、
ハートフルコメディーロードムービーです。


第1位 「グランド・ブダペスト・ホテル」

グランド・ブダペスト・ホテル(初回生産限定) [Blu-ray]

一見絵本から抜け出てきたようなファンタジックな概観のホテルと、
そこで展開されるブラックジョークとの対比が絶妙

主演は、『ハリー・ポッター』シリーズのヴォルデモート卿などでお馴染みのレイフ・ファインズ。

途中何度か、一従業員のゼロを自らの危険を顧みず守ろうとするムッシュ・グスタヴの責任感の強さ、
あるいは正義感に心打たれて目頭が熱くなりました。

文句なし、ナンバーワンです。


関連記事:
「私の選ぶ2013年映画ベスト10」
「私の選ぶ2012年映画ベスト10」
「私の選ぶ2011年映画ベスト10」
「私の選ぶ2010年映画ベスト10」

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。