氷鴨が止まらないBLOG
アニメ、本、映画の感想や、地元中日ドラゴンズの話など。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
暇人なので『ホテル・カリフォルニア』を訳してみた
B00CIXE8IWホテル・カリフォルニア
イーグルス
ワーナーミュージック・ジャパン 2013-07-23

by G-Tools


暗い砂漠のハイ・ウェイ、髪を梳かす(とかす)涼しい風
マリファナのつぼみの生温い(ぬるい)香りが大気から立ち上る(のぼる)
遥か前方に揺らめく光が見えた
頭はどんどん重くなるし、視界も霞んできた
今夜はここに泊まるしかない

戸口のところに女が立っていた
その時オレは教会の鐘の音を聴いた
で、オレは自分に語りかけた
「こいつは天国ってことか、それとも地獄ってことか?」
それから彼女はキャンドルに火を灯すとオレを案内した
廊下を歩いていると声がした
そいつはこんなことを言っていたように思う

ホテル・カリフォルニアにようこそ
素敵なお部屋に、素敵な施設
一年を通して十分な空室がございます
ホテル・カリフォルニアに
あなたもきっとご満足いただけることと存じます


彼女の心はティファニーの宝石みたいに複雑だ
メルセデスのような曲線美だって、
彼女が“おトモダチ”と呼んでいる、
とてもキュートな男の子たちだって持っている
中庭で彼女たちみたいにダンスをすれば、甘い夏の汗をかく
思い出すために踊るやつもいれば、忘れるために踊るやつもいる

で、オレは給仕長を呼んだ
「ワインをくれないか」
彼は言った、「わたくしどもは1969年より、そのようなお酒は取り扱っておりません」
そしてまだ例の声が遠くの方から呼んでいる
あんたは真夜中に起きて、
やつらがこんなことを言うのを聞くんだ

ホテル・カリフォルニアにようこそ
素敵なお部屋に、素敵な施設
ホテル・カリフォルニアで面白おかしく暮らしませんか?
驚きが満載、あなたのお越しをお待ちしております


鏡張りの天井
氷で冷やしたピンクのシャンパン
彼女が言った、「わたしたちはみんなこの場所に囚われているの
自分たちの手で生み出したものにもかかわらず」
そして彼女たちは饗宴のために主人の部屋に集まり
鋼(はがね)のナイフでもって突くが
獣を殺すことはどうしてもできない

オレが最後に覚えてるのは
ドアに向かって走っていたこと
オレは元いた場所に帰るための
廊下を見つけなきゃならなかった
「おちつきなさい、」宿直の男が言った
「わたくしどもはあなたに、いつでもお好きなときにチェックアウトしていただくよう教育されています
が、あなたはけっして立ち去ることは出来ないのです」


<訳者あとがき>
前回の『サウンド・オブ・サイレンス』もかなり観念的でしたが、
今回のイーグルスの『ホテル・カリフォルニア(Hotel California)』も大変難解でした。
ネイティブでも「なんのこっちゃ?」な部分があるようなので、
わたしがチンプンカンプンでも致し方ありますまい
( ̄^ ̄) エッヘン。


内容は桃源郷というか竜宮城というか、
まあ、そういった類の民話めいた物語となっています。

サビの部分は、かなり意訳です。
「あなたのお越しをお待ちしております」とした部分の原文は
「bring your alibis」で、
直訳すると「あなたのアリバイを持ってきて」となり、
意味不明なので上のように訳しました。

「ティファニーの宝石みたいに複雑だ」の原文は「Tiffany-twisted」、
「メルセデスのような曲線美」の原文は「the Mercedes bends」で、
たいへん訳すのが難しい部分でした。

(ちなみにメルセデス・ベンツの本当のスペルは、「Mercedes-Benz」。)

どちらも「彼女」の持っているゴージャスさやバブリーな感じと、
一筋縄ではいかないミステリアスな感じを表現していると思われます。

「わたくしどもは1969年より、そのようなお酒は取り扱っておりません」
とした部分の「お酒」の元の単語は「spirit」で、
『アルコール(スピリッツ)』と『精神』のダブルミーニングになっていると思われます。

ワインはスピリッツ(蒸溜酒)ではないんですが、
spirits」ではなく「spirit」と単数形になっていますし、
まあ、詞なんだからあまり細かい定義にこだわってもしょうがないということで、
普通に「お酒」と訳しました。


関連記事:
「暇人なので『イマジン』を訳してみた」
「暇人なので『サウンド・オブ・サイレンス』を訳してみた」


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。