氷鴨が止まらないBLOG
アニメ、本、映画の感想や、地元中日ドラゴンズの話など。

暇人なので『ハッピー・クリスマス (戦争は終った)』を訳してみた
B0000ZKY3SHappy Xmas
John Lennon
Parlophone 2003-11-17

by G-Tools


そういうわけでクリスマスだけど
この一年どうしてた?
今年が終わり
そして新しい年がまさに始まる
そう、それがクリスマス
どうか楽しんで欲しい
親しい人も、愛しい人も
老いも若きも

メリー・クリスマス
そして、良い新年を
いい年になるように願おう
何の不安もない一年に


で、これがクリスマス
弱者にも、強者にも
お金持ちにも、貧しい人にも
世界はとても間違っているけど
とにかく素敵なクリスマスを
黒い人や白い人
黄色い人や赤い人にも

さあ、すべての争いをやめよう

メリー・クリスマス
そして、良い新年を
いい年になるように願おう
何の不安もない一年に


そういうわけでクリスマスだけど
僕らはこの一年どうしてた?
今年が終わり
そして新しい年がまさに始まる
そう、それがクリスマス
どうか楽しんで欲しい
親しい人も、愛しい人も
老いも若きも

メリー・クリスマス
そして、良い新年を
いい年になるように願おう
何の不安もない一年に

戦争は終わる、もしあなたがそれを望むなら
戦争は終わる、今すぐにでも

素敵なクリスマスを


<訳者あとがき>

というわけで、暇人なので訳してみたシリーズ第7弾は、
ジョン・レノン&オノ・ヨーコ
Happy Xmas (War Is Over)〔ハッピー・クリスマス(戦争は終った)〕』です。

この曲の中で歌われている“戦争”とは、
当時行われていたベトナム戦争のことですが、
戦争は今も世界のそこかしこで続いており、
そういう意味で現在のクリスマスにも十分通じる曲ですね。

ジョンは、そうなることを望まなかったでしょうけど。

今回訳していて難しかったのは、
英語そのものというより、
日本と欧米との文化の違いですかね。

たとえば、「そして新しい年がまさに始まる」と訳した部分の原文は
「A new one just begun」で、
いわゆる現在完了ってやつでしょうか、
とにかくもう新しい年始まっちゃってます

日本人的には「クリスマス→大晦日→正月」という確固とした流れがあるわけですが、
欧米ではどうもその辺りがけっこう曖昧で、
全部ひっくるめて「クリスマス週間」みたいな感覚のようです。

「誕生日とクリスマスが近いから、いっしょにお祝いしちゃえ!」
みたいな感じですかね。

というわけで、クリスマスなのに「新しい年がまさに始まった」と訳してしまうと、
日本人的には違和感があるので、
あえて現在形で訳しました。

それから「a happy new year」についても、
「なんでクリスマスの歌なのに、ハッピー・ニュー・イヤーって言ってるんだろう?」と長年疑問だったのですが、
これも12月中に使えば「よいお年を」という意味になり、
1月に使えば「新年あけましておめでとう」という意味になるようです。

そして「黄色い人や赤い人にも」の部分について、
「赤い人ってなに?」と思われた方もいると思いますが、
これはネイティブ・アメリカンなどを指します。

現在は差別的であるとしてあまり使われないようですが、
当時はけっこう一般的に使われていたようです。



関連記事:
「暇人なので『イマジン』を訳してみた」
「暇人なので『サウンド・オブ・サイレンス』を訳してみた」
「暇人なので『ホテル・カリフォルニア』を訳してみた」
「暇人なので『Blowin’ In The Wind(風に吹かれて)』を訳してみた」
「暇人なので『Smells Like Teen Spirit』を訳してみた」
「暇人なので『Stand by Me(スタンド・バイ・ミー)』を訳してみた」


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.