氷鴨が止まらないBLOG
アニメ、本、映画の感想や、地元中日ドラゴンズの話など。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
私の選ぶ2017年映画ベスト10(その2)
というわけで、ベスト10ではなくてベスト20になってしまった2017年。
私の選ぶ2017年映画ベスト10(その1)」につづき、
いよいよ第10位以下を発表します!


第10位「帰ってきたヒトラー」
帰ってきたヒトラー [Blu-ray]

現代に甦ったヒトラーが、モノマネ芸人と誤解されてテレビの人気者に……。

そんな突拍子もない設定のベストセラー小説を、
実際にヒトラーに扮した俳優が街に出て撮影するという型破りな手法を交えて映画化。

悪ふざけに対して人々の怒りが爆発するかと思いきや……。

トランプ大統領の誕生を予見していたとも言われるこの作品。
一見の価値あり。


第9位「PK ピーケイ」
PK ピーケイ [Blu-ray]

地球の調査にやって来た宇宙人=PK(ピーケイ)は、
宇宙船のリモコンを盗まれてしまい、帰れなくなる。
いくら探しても見つからないリモコンに、
PK(ピーケイ)はとうとう神頼みすることにするが……。

インドのコメディ映画なんですが、
最近のインド映画ってほとんど踊らないんですね (゚Д゚;)。

インド映画って踊るものだとばかり思っていた私の常識を、
見事に覆してくれました。

純真なPK(ピーケイ)が、信仰の矛盾点を鋭くえぐります。


第8位「われらが背きし者」
われらが背きし者 [Blu-ray]

モロッコでの休暇中、大学教授のペリー(ユアン・マクレガー)とその妻ゲイルは、一人の男と知り合いになる。
だが、ディマと名乗ったその男の正体は、実はロシアンマフィアだった。
そして夫妻は、ディマからある依頼を受ける……。

2012年のベスト10で第7位にした映画『裏切りのサーカス』と同じ、
ジョン・ル・カレが原作のサスペンスです。

先の読めない展開で、最後まで楽しめました。


第7位「シン・ゴジラ」
シン・ゴジラ Blu-ray2枚組

というわけで、昨年の予言どおり入って来ました2016年に劇場で見逃した邦画が!

海外では大コケしたようですが、
日本人的には大変リアルで面白かったです。

今後もまだゴジラが作られるのかどうか存じませんが、
「これの後を受けて作る人は大変だろうなあ」
と思いながら見ておりました。


第6位「インビジブル・ゲスト 悪魔の証明」
インビジブル・ゲスト 悪魔の証明 [DVD]

不倫相手の殺害容疑をかけられた実業家のドリアは、
腕利きの弁護人を雇ってなんとか無罪を勝ち取ろうとするが……。

スペインのサスペンス映画。
果たして嘘をついているのは、誰か?

正直途中でオチは読めましたが、
傑作です。

第5位「この世界の片隅に」
この世界の片隅に [Blu-ray]

はい、2016年に劇場で見逃した邦画第2弾です!

戦前、戦中の庶民の暮らし振りを、丁寧かつ活き活きと描いたアニメ作品。

ただ、惜しむらくは、主人公すずの声を幼少期青年期ものん(能年玲奈)が演じているのですが、
どっちも同じ声で演じていて大変な違和感が……。

せめて子供の頃だけは、プロの声優さんを使うわけにはいかなかったのだろうか……。
それだけが、残念です。


第4位「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」
ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]

周囲になじめない孤独な少年ジェイク。唯一の理解者である彼の祖父はよく、特殊な能力を持つ「奇妙なこどもたち」の話をしてくれた。だがある日、そんな祖父が突然不審な死を遂げる。遺言に従い、ジェイクはある小さな島を訪れることにするが……。

ティム・バートン監督のファンタジー映画。
彼の作品には当たり外れがありますが、
これは当たりです。


第3位 「ハドソン川の奇跡」
ハドソン川の奇跡 [Blu-ray]

2009年にニューヨークで実際に起こった「USエアウェイズ1549便不時着水事故」を、監督クリント・イーストウッド、主演トム・ハンクスで映画化した作品。

航空機ものといっても、なにぶん実際の事故が元になっているので、
大統領が機内でテロリストと格闘したりとか、
そういうド派手なアクションがあるわけではないんですが、
にもかかわらず巧みな編集で観客を飽きさせずに最後までぐいぐいと引っ張るワザは、
最早イーストウッドの職人芸


第2位 「君の名は。」
「君の名は。」Blu-rayスタンダード・エディション

2016年に劇場で見逃した邦画シリーズ第3弾!
ついに本命が登場しました。

いまさら解説は不要だと思うので、説明は省略。

個人的には、脚本も作画も
すごくしっかり作ってあるなあ」と感心しました。


第1位 「沈黙‐サイレンス‐」
沈黙-サイレンス- [Blu-ray]

遠藤周作の小説『沈黙』を、『タクシードライバー』『シャッター アイランド』などのマーティン・スコセッシ監督が映画化。

江戸時代、禁教令下の日本を訪れたイエズス会宣教師の苦悩を描いた作品。

日本を舞台にした時代劇ですが、
ハリウッド映画にありがちなおかしな日本観も皆無。
むしろ、日本の大河ドラマなんかより、
余程しっかり時代考証してある
気も(笑)。

この映画を見て、
英語が堪能な日本人俳優って、
意外に多いんだなと驚きました。

特にイッセー尾形の演技は絶品

けっして派手な作品ではありませんが、
なんだかんだでこれが一番見ごたえがあって面白かったかなと思います。


関連記事:
「私の選ぶ2016年映画ベスト10」
「私の選ぶ2015年映画ベスト10」
「私の選ぶ2014年映画ベスト10」
「私の選ぶ2013年映画ベスト10」
「私の選ぶ2012年映画ベスト10」
「私の選ぶ2011年映画ベスト10」
「私の選ぶ2010年映画ベスト10」


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。