氷鴨が止まらないBLOG
アニメ、本、映画の感想や、地元中日ドラゴンズの話など。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
『タクティカルロア』第1話「アイ、ショーティ!」感想
テレビ愛知深夜で始まったSF海洋アクションアニメ
『タクティカルロア』
感想を一言で言うと、

ひどい・・・あんまりだ・・・。

タクティカルロア 1
タクティカルロア 1


[ストーリー]

近未来。突如、西太平洋上に超巨大停滞性台風『グランドロア』が発生。
世界は、異常気象で滅亡の危機に。

(それは、きっと宇宙人が地球人を観察するために設置した実験装置だよ!)

その後人類は、血の滲むような努力により復興を成し遂げ、
結果海洋航路の重要性が再認識され、時代は第二の大航海時代を迎える。


と、世界設定だけはけっこう面白そうです。
後は全部ダメだが。
冒頭、いきなり3DCGの戦艦と戦闘機がバトルを展開。
「とりあえず糸さえ引いてりゃいいんだろ?」という所までしか考えが及んでいない、頭の悪さ丸出しの納豆ミサイルが飛び交います。

オープニング曲が始まりました。
アンソロジー本に収録されている三流エロマンガに出てきそうなキャラたちが多数登場。
ひょっとしてこいつらが主役なのでしょうか?

いよいよ物語が始まりました。
例によってさえない感じの男の子が登場。
えーと、なんかやってた気がしますが、存在感が薄すぎて記憶に残ってません

続いて、「お姉さまぁー」と同性にモテモテのお姉さまが現れました。
HPのキャラ紹介だと、このお姉さま22歳らしいのですが、どう見ても40過ぎのオバハンにしか見えません。

このオバハンお姉さま、そこら中の女の子に手を出しまくっていたらしく、ついにそれが露見して逃げ出します。
(その間のお姉さまの演技が、これまたとんでもないダイコンで。)

お姉さま、エスカレーターを駆け下りながら、下にいたさえない君に「どいて、どいてー」と叫びますが、さえないくんは全ての面でさえない君なので、もちろん避けられずぶつかります。
お姉さまいわく、「どいてって、いったのにー」。

って、うわああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああっ!!!!!!!!!!!!!

すみません、取り乱しました。
いや、仮にも「『タクティカルロア』第1話感想」と銘打ったからには、一応30分全部見なきゃいかんとは思ったのですが、これ以上はどうにも私のか細い神経が耐え切れず、自律神経が失調しそうになったので止めました

というわけで『タクティカルロア』。
私には、第一話を全部見るだけの勇気がありませんでしたが、勇敢な皆さんはどうぞ全部ご覧下さい。
ひょっとしたら、この後とんでもなく面白い展開が待ち受けているかもしれません。
私は、もう十分楽しんだのでけっこうですが。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。