氷鴨が止まらないBLOG
アニメ、本、映画の感想や、地元中日ドラゴンズの話など。

『極上生徒会』感想
ビ?バビローン! どうも、氷鴨です。

アニメ『極上生徒会』(テレビ東京系)の第一話から三話までを見たので感想を。

心の友プッチャン(人形)と会話をするちょっとシック(SICK)な天然女子中学生、女いっこく堂こと蘭堂りのは、
両親を亡くし、ペンフレンドであるあしながおじさん「ミスター・ポピット」の紹介で、宮神(みやがみ)学園へと編入する。
だが、ひょんなことから学園の最高機関「極上生徒会」へ仲間入りすることに……。

第一話でちょい雑な背景を見たときは、
「こりゃダメか?」と思いましたが、
ギャグが面白くてすっかり笑わされました。
ここまでギャグのレベルが高いのは、
春の新アニメではこの『極上生徒会』と
おねがいマイ・メロディ』くらいですね。

ただ困ったことに、名古屋では『攻殻機動隊 S.A.C. 2nd』放送時間が被っている・・・
仕方ないから『極上生徒会』を録画して、
『攻殻機動隊』はレンタルで借りることにしました。
こんなことならもっと早くから借りてればよかった・゚・(ノД`)・゚・。

極上生徒会 主題歌 偶然天使
極上生徒会執行部

キングレコード 2005-05-25
売り上げランキング : 430

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.